夢が実現する最新のレーシック

夢が実現する最新のレーシック

見逃すことの出来ないレーシック情報を【夢が実現する最新のレーシック】でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。

 

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




夢が実現する最新のレーシックブログ:04月19日
人は赤ちゃんを産むと両親馬鹿になる。
両親馬鹿は両親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母親たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母親であるなら
我が子どもがどんな体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母親として当たり前の反応なのである。

これが旦那になると
両親馬鹿に余計に拍車がかかる。

ムスメが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

旦那は自分で妊娠や出産をしていないために、
家内が思っている以上に両親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
家内も旦那も両親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
両親が両親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父も母親も
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

両親が両親馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
両親が両親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
両親は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。


ホーム サイトマップ
夢が実現する最新のレーシック モバイルはこちら