■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:07月16日

シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
食事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うミーも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
ミーの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップには体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがミーは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

からだにかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのミーは、ちょっと無理をしていたようです。

ミーのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


ホーム サイトマップ