■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:10月22日

基礎代謝を上げることが、
減量成功への近道のようですね。

基礎代謝を高めるには、いくつかの方法があります。

まず、
筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができます。
出来ることから始めて、
適度なトレーニングで脂肪を燃焼しやすいからだづくりを心がけましょう。

例えば…
日頃から姿勢を正し無駄な脂肪をつけないようにする
肩コリ体操や肩コリ体操などで筋肉をつける
エスカレーターを使わずに階段を使う
日々三十分程度歩く
…といった感じです。

ところで、みなさまは、
夏より冬のほうが
基礎代謝が高くなるって知っていますか?

夏は気温が高く、
からだの中の熱を発散させて
体温を下げようとするので、基礎代謝は低くなります。

逆に冬は冷えたからだを暖めようと
熱を産出するので、基礎代謝が高くなるのです。

このように
基礎代謝には体温を維持するエネルギーが含まれるので、
体温を上げてそれを維持しようとすることで高まります。

ですから、
冷え性は大敵です。
冷え性の方は、腹まわりや足首を冷やさないようにしたり、
お風呂に入ってからだを温めたりして
冷え対策をしてみてくださいね。

また、
食べる事をすると安静にしていても代謝が高まり、
エネルギーを発生します。

食べる事を抜いてしまって低栄養の状態になると、
からだの細胞の活動力が減退し
基礎代謝は低下してしまいます。

特に冬は、
からだを温めてくれる作用のある
唐辛子や生姜、ネギ、根菜などを
料理に取り入れると効果的です。

食べる事は1日3食きちんととり、
とくに朝食をしっかりと食べると、
体温が上昇し、基礎代謝アップにつながりますよ。




ホーム サイトマップ