■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。
レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具ブログ:07月07日

1週間くらい前のこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も二年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

わたしの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいる母親でした。
後ろには父も写っていました。

その時わたしは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

わたしの母親も父も
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「両親と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、母親が携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

わたしにとって、
母親が持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

わたし自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
母親は違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知った母親は、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
母親自身も試行錯誤しながら…

こうやって娘であるわたしに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
両親と手話での会話を楽しみました。


ホーム サイトマップ