■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。



■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:07月10日

皆さん∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

昨日は久々にぐっすりねれました。

今日は仕事が終って、難波で待ち合わせ。

久しぶりのデートだったので、朝方から
きちんとして楽しみにしていったのに・・・

「アプリケーションエンジニアの勉強をしようと思う」って言われて、
なんか真っ暗になった。

友達とかも結婚の話がでていて、腹筋を
していたり、ダイエットコーヒー飲んだり。

太るかなーと思って餃子を食べちゃった後は
きちんと寒天ラーメンで調整していたり。

いつも綺麗に健康に・・・を心がけていたりもしてる。

タイ行きたいねって話がでると、結婚へ
近づいているのかなーって思っていたのに。

アプリケーションエンジニアの勉強って・・・

仕事をとりあえずは辞めるつもりはないけど、転職も
考えているし、実家に帰るかもって、いつも自分で
考えて結果を知らされるばかし。

なんだから、少し考えてしまった。

実家に帰れば遠距離になるわけだし、それでも平気
なんだなーって。

少し考えるのも疲れたし、演劇場行こうって
話もあるけど。

あぁあ〜行く気もしない。

しばらくまったりしよう
・・・かな。

皆さんは突然言われたらどう思います?

友人の話を聞いていても、すれ違いかな。

タイミングがあっていないなってつくづく思うことがある。

晴れ時々雨のち曇りだろうがなんだろうが、僕の頭の中は
大雨、土砂降りです。


一度お互い離れて、やりたいことをして、色々なことを
考えた方が良いのかなって思う。

なんだか・・・複雑な気分。


ホーム サイトマップ