■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況


■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。




■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:12月27日

ひょんなことから、
わたしと家内は
1週間前2歳になったばかりのお子さんを連れて、
とある高級ホテルのレストランで夕食を食べることになりました。

しかし、落ち着いてライスを食べていられるはずもなく、
だんだんとお子さんがグズリはじめました。

スプーンで皿を叩いてみたり、
ライスをボロボロこぼしはじめました。

だんだんとイスに座るのも嫌がり、
わたしたち夫婦は、他のお客さまの迷惑にならないようにと、
早食い競争をするかのごとく、くちに食べ物を詰め込み、
できるだけ早く店から出て行こうとしました。

実際、最後のスイーツが出てくる前に、
会計を済ませて退店したところ、
店のスタッフの方が
わざわざスイーツがあることを教えにきてくれました。

わたしたちは、
「他のお客様の迷惑になるので…」
というと、
「そのようなことは、気になされないで下さい。
離れた席にスイーツをお持ちしますので…」
と言って、
自然に店に戻る流れを作ってくれました。

小さなお子さんがいると、
周りに遠慮してしまうことが多々あります。

お子さんのペースに合わせるために、
行動が遅かったり、お子さんがグズッたりして、
他の方にできるだけ迷惑にならないように…と
気を遣ってしまいます。

ましてや、
高級ホテルのレストランの静けさの中では、
なおさら、そのような気持ちになってしまいます。

もちろん、お子さんが悪いわけではありません。
わたしたちが、そのような場所にいかなければいいだけで、
むしろ、お子さんにしたらいい迷惑だったかもしれませんね。

しかし、そのようなシチュエーションで、
わたしたちのネガティブな気持ちを拾い上げて、そして、
わたしたち親子にも他のお客様にも一番ベストな環境を作って下さったことに、
いたく感動してしまいました。

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

★メニュー

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する最新のレーシック