■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:09月09日

必要以上に太っていると
色々な病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

単に見た目だけではなく、健康を考えた上でも、
減量による体重の管理はとても大切と言えます。

でも過度な減量は
逆にからだを壊してしまう場合もあります。

そんなことにならないためにも、
減量の注意点をしっかりと把握しておきましょう。

減量は、
単に一時的に痩せるだけではなく、
リバウンドしないためにも、
太りにくいからだを作り上げるのが
上手な減量と言えます。

そのためには、
単に食べる事制限や
サプリメント、食べる事食品の利用や
体操療法などを実行するだけではなく、
日々の生活習慣を見直すことも大切になります。

減量の注意点として、
食生活の見直しはとても大切です。
1日きちんと三食の食べる事を取ることが大切!

また
晩はカロリーが消費されにくいので、
夕方食はカロリーを抑えた食生活を心がけましょう。

とは言え、無理や我慢は禁物です。
反動で逆に食欲が増してしまう場合もあるので、
自分でコントロールしながら、
食べる事制限を行なっていきましょう。

また周りに
減量中だということを宣言することも大切ですね。

そして
日々体重計に乗って、
自分の体重をチェックすることも必要となります。

減量の最大の注意点は、
無理な減量はしないこと!

1ヶ月に10kgもダウンするような
過激な減量はリバウンドしやすく、
さらに肌荒れや、生理不順などの原因にもなるので
1ヶ月5%以上の体重ダウンは避けるようにしましょう。


ホーム サイトマップ