■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。





美少女フィギュア
美少女フィギュアナビ
URL:http://fig-ad.com/


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:12月29日

誰でもできる簡単減量として
一時期話題になった朝方バナナ減量ですが…
落とし穴があるって知ってましたか?

朝方バナナ減量は
多くの人が実践しているようですが、
成功した人もいれば、失敗したという人もいます。

朝方バナナ減量で失敗した人は、
落とし穴をちゃんと理解していなかったんだと思います。

簡単で安上がりな朝方バナナ減量の
落とし穴といわれているのが、バナナに飽きちゃうという点です。

実際、
朝方バナナ減量を実践した人ならわかると思いますが、
毎日朝方バナナを食べ続けるのって、
意外と苦痛なんですよね。

そうなるとだんだんバナナを食べなくなって、
減量を挫折してしまうという結果に…

もう一つの朝方バナナ減量の落とし穴は…
バナナって腹の持ちが良い感じもするんですけど、
実際は消化が早いので、
すぐに腹がすいてしまうという点です。

朝方バナナと水だけだと、12時食まで持たないので、
意思が弱い人なんかは、つい間食をしてしまうなんていうことに…
そうなるとせっかくの減量効果も
台無しになってしまいます。

もし空腹を我慢できてもストレスとなってしまい、
反動でお12時に食べ過ぎちゃうなんて事にもなりかねません。
これこそが、朝方バナナ減量の落とし穴といえますね。

やっぱりいくら簡単でも、
同じ食品を食べ続けるご飯制限の減量って、
継続することが難しいという落とし穴がつきもののようです。

よほど強い意志を持って取り組まないと、
朝方バナナ減量で成功できないかもしれませんね。


ホーム サイトマップ