■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:01月04日

排便は習慣性を持つものである。

母は6時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
息子はそうではない。

息子には6時にウンチをすることを
母が習慣づけてあげるからこそ、
6時の排便ができるようになるのである。

母が息子に6時の排便を習慣づけないと、
息子は6時の排便が難しくなる。

午前中の肉体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
息子の免疫力は低くなってしまう…

それで
息子はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

息子が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらず食事をさせていては、
息子はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている息子のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の息子に限って
息子らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

あたしは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
息子が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎6時、
息子には排便を行わせ、
病気とは無縁の肉体にしてしまおう!


ホーム サイトマップ