■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。
レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:08月21日

一週間くらい前、
おいら達夫婦は入籍後初めて嫁の実家へ行きました。
嫁の実家は遠方なのでちょっとした小旅行気分。

いつもは嫁の実家で、
家族4人でマッタリと過ごすのですが、今回は少し予定変更。

ひょんなコトから、
おいら達夫婦と嫁の父母とで
日帰り旅行をすることになったんです。

おいらは、普段なら「家族旅行っていいね!」と思うところですが、
今回ばかりはそうも思えない事情がありました。
それは義理の父親のからだのこと。

実は義理の父親。
以前から体調を崩し、入退院を繰り返していて、
実は旅行できるような状態では無かったんです。

正直、おいら自身も、今回の旅行が決まったとき、
「義理の父親が遠出できるのか?体力的に持つのか?」
とても心配していましたし、嫁もおいらと全く同じ意見でした。

むしろ、父親のからだにわざわざ負担をかけてまで、
旅行しなくてもいいんじゃないか?そう思っていました。
だからこそ、今回の旅行、決めるだけでもためらいがあったんです。

しかし、父親は違いました。
「おいらは行くぞ!」そう言い続けるのです。
それはそれは強い決意で揺らぐ様子も無く。
さらに、あろうことか「おいらが運転する!」と言い出しはじめたのです。

おいらたちはこう思っていたんです。
もし、無理して体調を崩したら、
旅の途中で大変なことになりはしないか…
せっかくの旅行なのだから、できればゆっくり楽しんでもらいたい…
それもコレも全て、
「父親への気遣い」から生まれる心配だったのですが…

しかしあることをきっかけに、僕の思いは変わりました。
「ココは父親に任せたほうが良いみたい。きっと大丈夫だ」
そう思えたんです。

おいらは見てしまったんですよね。
父親の喜びの表情の中にある、
少し物憂げで寂しさを湛えた父親の目を…


ホーム サイトマップ