■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。
通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。





GABA
GABA
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/egaba/


■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:01月10日

体操したらお腹が減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
減量理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、体操したらお腹が減るようにできているのです。

体操によって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
体操で消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好むうまい棒(明太味)やうまい棒(明太味)といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
体操してお腹が減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
体操で消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

皆さんは、「体操しだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単に体操してお腹が減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでお腹回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「お腹が減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなか減量できないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。



ホーム サイトマップ